2020/11/30 11:19





12月からベランダ菜園を楽しみたい方へおすすめの野菜10選をご紹介します!


また各野菜のおすすめレシピを料理動画サービス「クラシル」でピックアップしてご紹介します。





①げんき菜(葉大根)




種まき :12月上旬〜下旬

栽培方法:トンネル栽培


ベランダ菜園でも周年栽培が可能な野菜の一つです。

浅漬け、炒め物、和え物など料理の用途が幅広いです。

生育スピードも早く約1ヶ月で収穫まで可能です。


ごま油香る 大根葉と牛ひき肉のチャーハン】



②ラディッシュ




種まき :12月上旬〜下旬

栽培方法:トンネル栽培


ベランダ菜園では定番な野菜であるラディッシュも栽培が可能です。

ラディッシュの形を上手に丸くするには、土寄せをしっかりとすることがポイントです!

こちらもサラダ、浅漬けなど料理の用途が幅広いですね。

別名「二十日大根」とも呼ばれることから、早くて20日間で収穫も可能です。


簡単おつまみ ラディッシュのソテー アンチョビ風味】



③ミニ大根




種まき:12月上旬〜下旬

栽培方法:トンネル栽培


大根には様々な品種がありますが、耐寒性を備えた早生種がおすすめです。

栽培しているなかで、徐々に大根の肌が地表に見えてしまうと育ちが悪いので、できるだけ土寄せをしっかりしてあげましょう!

この時期、豚汁やお鍋の具材にもぴったりですね。


ほかほか温まる 豚汁】



④小松菜




種まき:12月上旬〜下旬

栽培方法:トンネル栽培


ベランダ菜園の初心者でも育てやすい野菜の一つです。

トンネル栽培をすれば周年で栽培が可能です。

種が小さいためどうしても撒きすぎてしまいますが、間引きが大変になるので気を付けましょう。


小松菜とホタテの中華クリーム煮】



⑤ニンジン



種まき:12月上旬〜中旬

栽培方法:トンネル栽培


春まき専用の春紅五寸人参でトンネル栽培をすれば栽培が可能です。

ただし、収穫は3〜4月頃と遅めです。

ニンジンは他の野菜と比較して発芽率が低いため、いかに保温対策をして発芽させるかが重要です。

料理の用途も幅広くて、抗発ガン作用や免疫賦活作用があるβ-カロテンも多く含まれる栄養満点な野菜です。


【ピリッとうまーい!人参の明太子和え】



⑥エンドウ豆




種まき:12月上旬

栽培方法:支柱&ネットを使用


種まきは12月上旬まで収穫が翌年5月から可能です。

1〜2月頃に支柱とネットを使用して蔓を伸ばしていきます。

その後に少量の化学肥料で追肥してあげると良く実をつけます。


えんどうとささみのこってり炒め】



⑦ホウレンソウ




種まき:12月上旬〜下旬

栽培方法:中旬からトンネル栽培


耐寒性に優れた品種であれば12月でも栽培が可能です。

また生育も早く1ヶ月ほどで収穫ができます。

栽培のコツとしては、株間が混みすぎないように3cm間隔で間引きをしてあげることです。


ほうれん草のごま和え】



⑧ベビーレタス




種まき:12月上旬〜下旬

栽培方法:トンネル栽培


プランター栽培でも簡単に栽培が可能な野菜で初心者にもおすすめです。

1ヶ月もかからずに収穫ができ、繰り返して栽培することもできます。

比較的低温に弱いので、トンネル栽培は必須となります。


3種の生春巻き】



⑨カブ




種まき:12月上旬〜下旬

栽培方法:トンネル栽培


ラディッシュのように、カブも12月に栽培が可能な野菜となります。

こちらもしっかりと土寄せをしてあげてください。


とろ甘!豚肉とかぶのほくほく煮】



⑩ルッコラ 




種まき:12月上旬〜中旬

栽培方法:トンネル栽培


10〜11月が撒きどきですが、トンネル栽培をすれば栽培することが可能です。

ルッコラはハーブの仲間で、ほのかにゴマのような風味を持ちイラリアン料理でもよく使用されます。


ルッコラとベーコンのワンパンイタリア風パスタ】




12月のベラン菜園で楽しめる野菜10選をご紹介しました!


※引用

レシピ:料理動画サービス「クラシル」

写真:写真AC